EXODUS
イラストレーター瀬戸楠葉 イラストレーションサイト

地方のイラストレーターは厳しい?

2017年01月20日

私は福島県会津在住でイラストレーターをしております。

以前、インタビュー(顔出ししているため閲覧注意(笑))を受ける機会があった時に

「地方のイラストレーターは厳しいと聞きましたが、

事務でお仕事をしながら、絵を描き続けてきたんですか?」

というご質問をいただきました。

その時は

「はい。事務をやりながら、絵はずっと描いていました」

なんて、緊張のあまりこんな回答になってしまいましたが(汗)、

もうちょっとちゃんと地方のイラストレーターのことをお話すればよかったなぁと

思いました(反省)。

 

ネットの普及のおかげで、地方にいてもお仕事がいただけるようになり、

地方のイラストレーターは、今とても多いと思います。

 

お打合せは、クライアント様が近ければ実際にお会いしてお打ち合わせいたしますが、

例えばそれが東京からのご依頼だった場合、

地方(私は福島県)だと気軽に行ける距離ではないので難しい・・・

・・・という地理的な問題はありますが、

大体はメールやお電話でやり取りしますので、さほど心配はありません。

 

 

どうしても顔を合わせてお話したければ、スカイプという手もあります。

改めて、今って本当に便利になりましたよね

 

あえて不便な点を挙げてください・・・と言われましたら、

それは『営業』ですね汗

どうしても東京に企業が集中しているので、

直接営業しようと思ったら東京に出なくてはいけません

私はまだ経験がありませんが、上京して営業をしておられる

地方のイラストレーターさんたちは実際におられます。

 

あと、展示会関係

これも展示会場となる美術館やギャラリーが都内に集中しているため、

特に大きな展示会は都内での開催が多いです。

地方から出展しようと思うと、

自分で額装したものを宅配便で送って、

今度は自分が上京して展示の準備をして・・・と、かなり大変です

 

私も東京での展示に参加することがありますが、

それは展示方法が楽な展示を選んでいるためです。

絵さえ宅配便等で送れば、

ギャラリーで展示の準備をしてくださいますし、

返送もしてくださるので助かります!

 

・・・というわけで、

地方のイラストレーターは、お仕事の受注面では困らなくなってきましたが、

直接営業や展示関係がちょっと大変です汗

それでも地元を離れないで、

こうして地方のイラストレーターとして続けていけるのは

ありがたいことだと思います。

 

地方のイラストレーターの皆様、共にがんばってまいりましょうね!

 

当サイト上のイラストは、著作権法により保護されております。無断転載・複製等は固くお断りしています。